充電が長持ちするのはAtermMR04LN!ぷららモバイルと合わせれば最強!?

AtermMR04LNルーターで外出先でも便利に通信

AtermMR04LN使えるSIMは、他の機種に比べるとかなり多く、マイクロSIMであればソフトバンク系列でもドコモ系列でもmineoのような有名どころやUQモバイルbmobileでも利用できます。
ぷららモバイルでももちろん利用でき、2760円のデータ通信無制限プランが活用できるので、携帯会社のキャリアのサービスに比べれば相当お得です。
通信速度は落ちてしまいますが、長時間通信をする場合やインターネット検索をして表示し続けたり、動画の視聴をするくらいならばほとんど困りません
通信制限のない無制限低額プランがぷららモバイルのおすすめプランなので、これを生かして自身の仕事や家庭でのデータ通信不足分を補ってみてもよさそうです。

20-1

バッテリーが長持ちするから仕事でも頼れる

バッテリーは約12時間持つといわれるAtermMR04LNは、通信速度の理論値もかなり高く、たいていの処理には追い付けます。
LTEで通信すれば、最大300Mbps受信できるようで、スペックは十分すぎるほど良い端末です。
しかし、SIMで通信できる限界速度があるので、通信速度上限のないプランなどを使える方は、ビジネス向けにもガッツリ活用できる端末です。
SIMによる影響を受けるため、実質平均的な通信速度になりますが、データ通信の遅れの原因になりにくい装置なので、頼りにできるはずです。
連続待ち受け時間は250時間から1000時間もあり、一般的な利用をする方にとっては全く申し分ないレベルです。
一度フル充電すればしばらく充電しなくても、2日から3日は継続して使えそうです。
短期間の国内旅行くらいならば難なく耐えてくれるでしょうから、用途の幅も広がります。

20-2

価格もお手ごろで格安SIMにぴったり

価格については購入の仕方によってかなり差があり、回線契約も合わせて手に入れる場合には0円でゲットできることもあるようです。
その場合、毎月のデータ通信料金などが加算されるだけなので、2年契約で利用して困らないという方はぜひ試してみてください。
本体だけを購入する場合には20000円から23000円程度の価格で購入できるようです。
それでもそこまで高いルーターではないので、SIMを合わせて考えればさらに安いプランの利用も考えられそうです。
電話についてはスマートフォンを利用しないと決めて、ウィルコムなどを頼りながらデータ通信はぷららモバイルとAtermMR04LNを合わせるようにすればもっとコストダウンできるでしょう。
家族での連絡用や仕事での連絡用に同じキャリアを使うように工夫すればその分コストも抑えることができます。

1-1