スマホ本体にSIMがなくても使えるのがルーター持ちのメリット

モバイルルーターで複数台のスマホを共有

格安SIMを使ってモバイルルーターを接続すれば、少しでも料金を節約して複数台の端末でインターネットを利用できます。
スマホや3DS、iPodtouchなどを使うこともでき、タブレットやPS4、WiiUを合わせて使うことも可能です。
あまり多くの端末をつないでしまうと、それぞれの端末の接続速度が落ちてしまって不便になりますが、3台から4台程度の端末を接続するのであれば、一般的なSIMで十分利用できます
定額パケットプランならば、約3000円から4000円の金額で毎日データ通信し放題になるので、回線速度を高めたい方にとっては特におすすめです。
ぷららモバイルやスマモバなどから提供されているプランは無制限で利用できるプランがあるので、ぜひ活用してみてください。

2-2

格安SIMと合わせて料金も安くできる

格安SIMの性能を考えればやはりデータ通信量の制限のないスマモバやぷららモバイル、もしもシークス、UQ-Wimaxなどを利用するとよいでしょう。
AtermMR04LNAircardAC785を利用すれば回線速度に限界もないので、複数台接続しても十分な速度が出ます。
端末の性能で下りも上りも常に20Mbps以上の速度が出るようなものならば複数台つないでも全く問題なく利用できるでしょう。
しかし、SIMの回線によっては、利用する時間帯と地域によってかなりデータ通信が遅くなってしまう場合があるので、色々と気を付けて利用するとよいでしょう。
格安SIMを使っても通信速度は大手のキャリアよりも早い場合は多いので、先入観で判断せずに実際に利用した人の口コミを頼りにして端末もSIMもセットで選ぶようにしましょう。

1-3

スマホ本体に挿すより高速な場合もある

SIMはスマートフォンに直接差し込んで使うこともできますが、それよりもモバイルルーターのほうが回線の接続速度が高い場合もあるので、モバイルルーターを工夫して利用するようにしましょう。
スマートフォンにさして使う場合、一人でしか使えませんが、モバイルルーターならばその端末があるときには家族で複数台接続してインターネットを使えます。
スマホの場合は通信速度が遅くなってしまうこともあり、モバイルルーターの高速通信を活用すればより安定したスピードでストレスなく利用できるでしょう。
4G回線やLTEよりはWi-Fiで接続したほうが早くて電池の消耗も少ないのでぜひ工夫してみてください。