充電が長持ちするのはAtermMR04LN!ぷららモバイルと合わせれば最強!?

AtermMR04LNルーターで外出先でも便利に通信

AtermMR04LN使えるSIMは、他の機種に比べるとかなり多く、マイクロSIMであればソフトバンク系列でもドコモ系列でもmineoのような有名どころやUQモバイルbmobileでも利用できます。
ぷららモバイルでももちろん利用でき、2760円のデータ通信無制限プランが活用できるので、携帯会社のキャリアのサービスに比べれば相当お得です。
通信速度は落ちてしまいますが、長時間通信をする場合やインターネット検索をして表示し続けたり、動画の視聴をするくらいならばほとんど困りません
通信制限のない無制限低額プランがぷららモバイルのおすすめプランなので、これを生かして自身の仕事や家庭でのデータ通信不足分を補ってみてもよさそうです。

20-1

バッテリーが長持ちするから仕事でも頼れる

バッテリーは約12時間持つといわれるAtermMR04LNは、通信速度の理論値もかなり高く、たいていの処理には追い付けます。
LTEで通信すれば、最大300Mbps受信できるようで、スペックは十分すぎるほど良い端末です。
しかし、SIMで通信できる限界速度があるので、通信速度上限のないプランなどを使える方は、ビジネス向けにもガッツリ活用できる端末です。
SIMによる影響を受けるため、実質平均的な通信速度になりますが、データ通信の遅れの原因になりにくい装置なので、頼りにできるはずです。
連続待ち受け時間は250時間から1000時間もあり、一般的な利用をする方にとっては全く申し分ないレベルです。
一度フル充電すればしばらく充電しなくても、2日から3日は継続して使えそうです。
短期間の国内旅行くらいならば難なく耐えてくれるでしょうから、用途の幅も広がります。

20-2

価格もお手ごろで格安SIMにぴったり

価格については購入の仕方によってかなり差があり、回線契約も合わせて手に入れる場合には0円でゲットできることもあるようです。
その場合、毎月のデータ通信料金などが加算されるだけなので、2年契約で利用して困らないという方はぜひ試してみてください。
本体だけを購入する場合には20000円から23000円程度の価格で購入できるようです。
それでもそこまで高いルーターではないので、SIMを合わせて考えればさらに安いプランの利用も考えられそうです。
電話についてはスマートフォンを利用しないと決めて、ウィルコムなどを頼りながらデータ通信はぷららモバイルとAtermMR04LNを合わせるようにすればもっとコストダウンできるでしょう。
家族での連絡用や仕事での連絡用に同じキャリアを使うように工夫すればその分コストも抑えることができます。

1-1

安定したデータ通信量がほしければぷららモバイルLTEがおすすめ!

ぷららモバイルで通信制限なしのSIMを使おう

ぷららモバイルLTEのサービスでは、毎月7GBの制限と1日の通信制限はない2792円のプラン毎日110MB制限があって毎月の通信制限はない1728円のプラン、そして、毎月および毎日通信制限がない3736円のプランがおすすめです。
このサービスはデータ通信のみに適用されるプランではなく、通話付きプランの料金で、使用する端末がテザリングに対応している場合は、ぷららモバイルLTEで契約して、スマートフォンをWi-Fiの親機として利用して家庭内のゲーム機やノートパソコンの高速通信を実現できます。
家庭に設置型のルーターがなくても、スマートフォンをモバイルWi-Fiとして使えるようになるので負担はかなり軽減され、お出かけ先でも相当便利になります。
家庭内でもスマートフォンを使いながらほかの機器を使用できるので、ぜひ検討してみてください。

19-1

SIMをルーターに使ってもOK

通話機能付きのSIMが必要ない場合には、データ通信のみのプランを利用して、モバイルルーターにこのSIMを差し込んでも良いでしょう。
やはりおすすめなのは、通信制限のかからないプランで、毎月2980円で自由にインターネットが楽しめるようになります。
格安SIMはスマートフォンだけでなく、ポケットWi-Fiやモバイルルーターにさして使うこともできるので、家庭やお出かけ先でインターネットを利用したい方にもおすすめのサービスです。
使い方次第でもっと便利になりますが、電話までは必要ないという方はルーター向けにデータ通信無制限で安く利用できるプランを使った方が断然お得になります。
ぷららモバイルならば、使える価格も2980円で、初期費用などを含めれば初月は約6000円程度で使い始められてお得です。

19-2

テザリング機能でSIMの機能をもっと便利に!

スマートフォンにテザリングがついているようならば、SIMの買い替えで電話もデータ通信もできるようになって家庭でのWi-Fiルーターも代用できるようになります。
価格もかなり安く使えるようになるため、毎月3000円から4000円程度で相当インターネット関係のサービスが使いやすくなります。
ただし、無制限プランでは通信速度は最高でも3Mbps程度のようで、通信速度は多少犠牲になっています。
そのため、家族4人で一つの回線を利用するのは難しく、2回線契約するなどの工夫が必要になります。
近年のスマートフォンの多くはテザリング機能を備えているので、この機能も合わせてSIMを選ぶともっとコストダウンできるでしょう。
通話付きプランでも3736円でデータ通信定額プランになり、無制限で使用できるというのは非常に便利です。

19-3

セットでルーターを買うなら端末は一括購入して自由に使えるようにしよう!

SIMとルーターでインターネットも快適

格安SIMはスマートフォンに使うこともできますが、モバイルルーターに利用すれば家族でインターネットを一度に利用することもできます。
最大で10台まで接続できるような端末のあるので、子どもがいる家庭ではWiiUや3DS、ノートパソコンと子供のスマートフォンなどを合わせて使うこともできるでしょう。
もちろんスマートフォンの接続はできますが、ほかにもパソコンやiPodTouchを接続できるので、音楽も聞くという方には非常に便利です。
テザリング機能を利用するのも良いですが、このテザリングはキャリアごとに追加で500円支払わないといけないこともあり、金額的な負担も出てしまいます。
格安SIMとモバイルルーターを合わせればインターネットを利用する自由度は一気にアップします。

18-1

端末は一括購入がおすすめ

格安のSIMをルーターに使用する場合は、SIMの契約と一緒にルーターを購入すると0円で端末が手に入る場合もあります。
しかし、分割払いになって契約期間が2年ほどになってしまい、制限がついてしまいます。
少しでも節約するならば、端末はできるだけ一括購入して安全に利用できるようにしたほうが良いです。
違約金の発生が出てしまうとそれだけで9000円から10000円程度の出費ができてしまいます。
端末は一括購入しても20000円から30000円の間で購入できるものが多いので、じっくり検討してみてください。
すでにルーターを持っている場合には、そのモバイルルーターに使えるSIMを見つければより安くインターネットを利用できるでしょう。
料金面は特に工夫して節約し、便利にインターネットを利用できるようにしましょう。

18-2

2年契約は違約金に注意

SIMとルーターを契約する場合には、違約金と契約期間を事前に把握しておく必要があります
基本的にルーターの価格がほとんど0円になってかなり安く手に入れられるようになりますが、途中で解約しようと思っても解約すると10000円近いお金がかかってしまって余計な出費が増えてしまう場合があります
2年契約はその回線に対しての信頼があり、安心して利用できるとわかっている場合に限って使ったほうが良いです。
新規の購入の場合には、端末は別に用意しておいたほうが良いでしょう。
いくらSIMの回線がしっかりしていてもルーターの性能が追い付いていない場合もあれば、ルーターばかりが高性能で、SIMの速度制限で通信が遅れてしまうこともあります。
できるだけSIMフリーのルーターを選ばないと今後はさらに不便になってしまうので、購入時には気を付けておいてください。

18-3

Wi-fiルーターをお得に買うならスマモバが実質0円にできるかも!?

スマモバの端末セットがかなり安い!

SIMと端末、ルーターをセットでゲットできてしまうスマモバのサービスは、初めてスマートフォンを使う方やお金にあまり余裕がない大学生でも頼りにできるサービスです。
スマートフォンとSIMをセットで買うならばSHARPのSH-M02Priori3LTEなどがおすすめですが、ルーターと合わせて使うならば、富士ソフトのFS020Wなどもお勧めです。
FS020Wをナイトプランという夜間帯に高速通信ができるプランで契約する場合は36か月契約で毎月2480円で購入できます。
とことんプランを利用する場合は、通信制限もなく、毎日何時間でも高速通信ができて月々3980円で購入できます。
他社のキャリアのサービスに比べると大体5000円近く安くなるので、相当お得で通話プランも合わせて契約したほうが断然便利です。

17-1

機種もいくつか選べて安心

このスマモバのSIMと合わせて使えるスマートフォンも多く、タブレットとモバイルルーターがセットになっているプランもなかなか魅力的です。
すでにスマートフォンは持っていて、安くルーターがほしいという方は大手の携帯電話のキャリアに支払うのと同じくらいの価格でタブレットもゲットできてしまうサービスがあります。
HuaweiのモバイルWi-FiルーターとMediaPad7 Youth2がセットで4980円で購入できるプランは非常に魅力的です。
家庭ではスマートフォンよりも大きい見やすい画面のタブレットで動画やゲームを楽しむことができて、お出かけ先ではスマートフォンを駆使してプライベートも仕事も満足にできるでしょう。
スマモバのサービスならば相当お得にモバイルルーターが安く手に入るのでぜひ検討してみてください。
速度についてはWi-Fi規格はIEEE 802.11 b/g/n、LTEは2100/1800/850MHzを参考に速度がそこまで早くはないことを認識しておきましょう。
それでも動画を視聴するくらいは十分可能です。

17-2

プランも多くて選びやすいサービス

スマモバは、ナイトプラン、プレミアムプラン、とことんLTE使い放題プランといったサービスが提供されています。
基本的にデータ通信制限はついていないようで、ある程度どんな時間帯に高速通信にするかを選ぶことができます。
夜間帯に高速通信したい場合には、ナイトプランを選べる機種を利用しましょう。
深夜の1時から午後5時まで高速通信できるプレミアムプランを契約すれば、ほぼ半日高速通信できますが、夕方は低速通信に切り替わってしまうので、生活スタイルを選ぶサービスです。
業務でよく利用するという方にはおすすめのプランでしょう。
とことんLTE使い放題プランでは、24時間365日制限なく利用できて3480円から3980円程度の価格なので、どうせ契約するならばこのとことんプランがおすすめです。

17-3

タブレットがセットになっているプランも割引が多くて家族向け!

端末とのセットでSIM料金がお得

各SIM会社から提供されていて人気なのが、スマートフォンやタブレットと一緒にSIMを購入できるというサービスで、新規購入のような感覚で、ソフトバンクやドコモのキャリアのような感覚でスマホを購入することができます。
格安SIMなので、料金は高くても大体3000円から4000円程度で、通話機能も付ければ5000円程度で利用できます。
ソフトバンクやドコモで購入すると、毎月8000円近くかかってしまいますが、格安SIMに切り替えれば少なくとも3000円から4000円くらいは料金が安くできます。
端末代金がほとんどかからないサービスもあるので、工夫して節約ができるプランを選びましょう。
スマモバやOCNモバイルONE、楽天モバイルなどでも端末付きのプランを選べるので、SIM会社から選ぶか、使いたい端末から選ぶかも考えておくとよいでしょう。

16-1

タブレットやスマホ端末が実質0円になる!?

SIMを提供している会社のサービスも利用してタブレットやスマホを購入する場合、SIMの通信料金だけを支払って端末代金が0円になったり、分割になってかなり安く利用できるようになったりします。
タブレットとモバイルルーターがセットになっている4980円のスマモバのようなサービスもあるので、ぜひ利用してみるとよいでしょう。
タブレットが必要ない場合でもルーターとSIMだけがセットになっているプランも意外と多いので、ぜひ利用してみてください。
実質0円でも購入やSIM契約の初期の段階では契約手数料が3000円ほどかかってしまうので、最初にかかる負担はある程度我慢して、何か月か利用してから実際にお得なサービスだと実感できるように工夫して使っていってください。

16-2

生活に合ったプラン選びも大切

SIMサービスを選ぶときには、それぞれのプランをよくチェックしましょう。
夜間だけ高速通信ができるプランや、常時高速通信ができる少し高い料金プラン、日中だけ高速通信になるプランなどもあります。
また1日110MBまでの通信容量で利用できるプランもあり、それぞれのスマートフォンの利用に合わせて、SIMプランも工夫してみてください。
安いといわれているDMMモバイルでは、どのプランでも高速通信できる容量が1GBや3GBと決められているので、データ通信に多少不安は残りますが、工夫して使えば必要な分だけしっかり通信できます
LINEやメール、SMSが使えればよいのか、動画の視聴やブログのチェックなどもしたいのかどうかも考えておくとよいでしょう。

16-3

みおふぉんで知られるIIJmioなら月額980円でお手軽に使える!

IIJのみおふぉんは安く利用できておすすめ

IIJmioという名称でも知られているサービスで、SIMに関しては3GB、5GB、10GBとデータプランが用意されています。
基本的に通話機能がついているので、スマートフォンに差し込めば通話はもちろんオプションで付ければSMSもできるようになります。
モバイルルーターにセットしたい場合には、通話機能はカットして、データ通信プランのみに絞れば、コストダウンもできます。
モバイルルーターに入れるならば少しでも安く使えるものを選びたいですが、できるだけ長く制限を気にせずに利用できるプランを選んだ方が家族での利用も可能です。
IIJでは、インターネットを利用する時間帯ごとに通信速度が制限される少し変わったプランがあるので、支払える予算と生活スタイルを考えてよいプランを選んでみてください。

15-1

5GBプランは通話付きで頼りにできる

5GBのプランは毎日LINEをしていてもそこまで制限がかかるものではなく、毎日モバイルルーターで接続してもあまり困らないサービスです。
理想としては制限容量もなく利用できるもののほうが良いですが、何度か一か月の使用状況をチェックしてあまりデータ通信をしていない場合には、それに合わせて5GBに絞ってしまってもよいでしょう。
同じようなプランで10GBのサービスもあるため、動画の視聴やブログの閲覧、写真の表示が多くあるサイトのPixivやInstagramを多く利用する方は制限がない方が良いでしょう。
ダウンロードやアップロードのほか、クラウドストレージを使う場合には、制限のないプランを選んだ方が効率的にインターネットを活用することができます。

15-2

月額1600円で3GBプランを利用できる

ミニマムスタートプラン1600円は、1か月3GBまで通信することができます。
この場合、ライトスタートプラン同様、SIMは1枚しか発行されませんが、オプションで様々な機能を追加できるので、使い方には割と余裕があります。
お出かけ回数が少ない方や最低限のインターネット通信しか使用しない場合には、この3GBプランでも十分です。
もちろん、月額980円の最もお手ごろにできる初心者向けのサービスもありますが、通信制限や速度制限の関係で、ある程度は余裕を持たせておいた方が安心です。
家族で利用したい場合は、ファミリーシェアプランを申し込むと最大で10枚までSIMを手に入れられるので、家族のスマホやポケットWi-Fiにも利用できて便利です。
もちろんデータ通信のみのプランもあるので、使用状況や目的に合わせて検討していってください。

15-3

もしもシークスのFS020Wなら電話もできて便利!

もしもシークスではiPhoneも購入できる

もしもシークスエックスモバイルから提供されているサービスで、ソフトバンクやドコモ、auと同じようなキャリアのようです。
基本料金980円通話し放題の1800円を追加して、パケット通信は600円から3000円の範囲内からデータ通信量を選んで契約できます。
通話プランは850円のお手ごろなプランとたくさん電話ができる1800円のプランから選べるため、最も安い場合には、約2300円程度でスマートフォンやモバイルルーターを所有できるようになります。
iPhoneも最新機種の販売が始まっているので、ソフトバンクやau、ドコモにこだわらない場合にはこうした会社のサービスを頼っても安心です。
回線自体はドコモから間借りしているような形のようですが、その分通信地域も広く、場所にとらわれずに携帯電話を利用できて便利です。

14-1

モバイルルーターとセットでお得

もしもシークスでもぷららモバイル同様FS020Wという富士ソフトのモバイルルーターを利用できます。
通信速度は一般的な利用においては十分役立つもので、端末を単体で購入する場合は19800円かかります。
電池は10時間は持つようで、LTE通信ができて非常に安心です。
日常的に使う分には全く問題なく、大学生や高校生でも自宅から出ているときにしっかり役立てられるでしょう。
LTEは2GHzから800MHzのバンドまで使用できるので、非常にお得です。
カラーはブラックしかないですが、手のひらに収まる正方形の形をしており、1辺7cmで厚さは1.6cmになっています。
とてもコンパクトですが、しっかり接続できる端末なので、賢くデータ通信を利用したい方にはぴったりでしょう。
SIMフリー端末なので、契約を終えてからも他社のSIMを指して思い通りに利用し続けられます。

14-2

快適なデータ通信ができる新しいサービス

このもしもシークスで扱っているFS020WはLTEと3G回線の両方を使えるので、あまりにもデータ通信が遅い場合には回線の切り替えがされてできる限りの高速通信が実現します。
データプランは最大10GBのようですが、基本的には利用していて困ることはないでしょう。
もしもシークスのプランで最も特徴的なので、850円の通話付きプランか1800円のプランから選んで気軽にいつでも通話できるようにする方が良いかもしれません。
データ通信よりは電話ができるか否かに力を割いたサービスになっているので、家族との電話だけでなく、仕事で電話を多く利用する方にもおすすめです。
データ通信のみで契約してモバイルルーターとして使うのも十分役立つのでぜひ検討してみてください。

14-3

動画視聴が多い方はぷららモバイルが使いやすくて安心!

パケット定額プランで通信制限なしなのがうれしい

ぷららモバイルでは、1日110MBまでは制限なく利用できるプランや常に通信制限がかからずに定額で利用できるサービスもあります。
電話の機能がついているサービスを利用しても良いですが、データ通信のほうがメインになっている方にとってはこのぷららモバイルのSIMは非常に魅力的です。
このデータ通信に利用するSIMは、モバイルルーターも合わせて利用できるため、複数台一気に接続できるルーターで家族や仲間と一緒に共有することもできます。
スマートフォン単体にSIMを指してメリットがあるのは電話もできるSIMですが、インターネットについてはモバイルルーターを利用して、一度に大勢で利用できた方がSIMをさし直す手間もなく、スムーズにインターネットを利用できます。

13-1

動画視聴や画像表示が多い方におすすめ

動画の視聴をする方は1度の視聴で5MBから30MBのデータ通信が発生することも多く、毎日動画を何件も見ているとそれだけで通信制限がかかってしまうこともあります。
画像に関しても1枚表示するだけで、0.5MBから2MB、時には4MB近い写真やイラストもあるので、画像表示、動画の視聴が多い方はできるだけ数信制限を気にせずに利用できるサービスを選んだほうが良いです。
そんな中でぷららモバイルの通信制限のかからないプランは非常に頼りにでき、大手の携帯電話のキャリアで利用するよりも安く頼りにできます。
Wimaxのように高速無制限通信ができるサービスも人気ですが、SIMだけ利用したい場合にはぷららモバイルも考慮してみてください。

13-2

約4000円で毎日動画見放題になる

ぷららモバイルでは、3736円で通話機能付きプランで、かつ、データ通信も無制限にできるプランがあり、これを利用すると格安スマホと格安SIMを合わせて非常に便利に使うことができます。
ぷららモバイルではSIMをモバイルルーターに入れて使うこともできるため、ポケットWi-Fi、モバイルルーターの利用を考えている方は、ぜひデータ通信のみのプランに申し込んでみてください
多少価格が安くなり、3480円程度で無制限のデータ通信ができるようになります。
ある程度通信速度は絞られますが2Mbps程度の速度は出てくれるようなので、通信速度がそこまで遅くなりすぎることもほぼないでしょう。
モバイルルーターで何をするのかをしっかり確認しておけばプランも多少安いものを選ぶことができるはずです。

13-3

BIGLOBE SIMでAterm MR04LNを利用すれば月額933円!

BIGLOBEのSIMサービスも便利

主にプロバイダサービスを提供している会社としても知られているBIGLOBEから出ているSIMサービスも格安でモバイルルーターを利用したい方には最適なサービスです。
データ通信プランがあるのは3GB、6GB、12GBの3つが主なプランです。
毎日動画視聴をしたり、ブログへの投稿・閲覧をしている方はできるだけデータ通信量が多くできるプランを選んだ方が安心してインターネットを使えます。
平日はあまりインターネットを利用せず、休日や自宅でインターネットを利用するという方で、すでに自宅にWi-Fiがある場合には6GBのプランでも3GBのプランでも十分やりくりすることができます。
BIGLOBEでは3か月は料金が無料になるようなプランもあるため、節約志向の方にとっては特にうれしいサービスでしょう。
自宅のインターネットも合わせて契約を考えればもっとお得になるはずです。

12-1

専用ルーターで通信速度も満足

AtermMR04LNは、他社の格安SIMサービスにおいてもセットで販売されているルーターで、速度は十分信頼できることで評判です。
LTEと3G回線があるため、データ通信量が遅くなってしまっているときでもできる限り高速通信できるようになっています。
AtermMR04LNの端末をすでに持っている場合には、セットで購入しなくてもSIMだけ契約して使えるのでとても便利です。
本体だけならばAmazonなどで購入することもできるので、少しでも節約したい方は検討してみてもよさそうです。
まだ自宅でインターネット回線を契約していない場合は、このBIGLOBEのSIMサービスを利用してより安く、インターネットもスマートフォンも使えるようにすると大きな節約にできます。
Wi-Fi接続できるノートパソコンがある方ならば特にお得なので、大学生やフリーターにもうれしいサービスです。

12-2

価格はプランで変動する

BIGLOBEのSIMプランは、3Gでは900円、6GBは1450円、12GBは2700円となっています。
電話もできるプランを選びたい場合には、700円プラスすると利用でき、SMSだけでよい場合は基本100円追加するだけでOKなので、大幅な節約ができます。
キャッシュバックの特典なども気にしていれば、持っていない端末も実質0円で手に入れられる可能性もあります。
毎月のデータ通信で制限がかかってしまっても最低限の速度は出て大手キャリアの制限速度よりは速いスピードでインターネットの閲覧ができます。
速度については世間のインターネット使用率などが影響することもあるようですが、基本的に安い料金で高速通信ができるので、ストレスなくインターネットを利用したい方はぜひ検討してみてください。

12-3

b-mobile4G WiFi3は家電量販店でも変える便利なセットルーター

SIMは家電量販店でも買える

一般的な格安SIMは、インターネットから申し込みをして自宅に送付され、自分自身で設定しなければいけないと考えられていますが、人気の高いSIMについては家電量販店で市販されていることもあり、お店でSIMに合ったモバイルルーターとプランを合わせて選ぶこともできます。
格安SIMの扱いが良くわからない場合には、サービスコーナーのある電気屋さんに行って、b-mobileなどのSIMとモバイルルーターの契約をしてみるのも良いでしょう。
セット購入で1000円未満で利用できる場合もあり、端末代金が大幅に安くなるサービスもあります。
インターネットからの申し込みに比べると手数料がかかる可能性がありますが、家電量販店独自のサービスが付随してくる可能性もあり、タブレット端末や保護シート、スマホカバーなどを一緒に手に入れられるかもしれません

11-1

b-mobileのSIMも人気が高い

格安SIMのサービスの中でも有名なb-mobileは、高速定額プラン1980円というお得なプランも提供しています。
通信速度も速く、高性能なルーターの機能もしっかり発揮させてくれる通信サービスを提供しているので、ビジネスで利用されることもあります。
他にもおかわりSIMという5段階定額プラン人気が高く使った分だけしか請求されないプランも人気です。
あまりデータ通信をしないという方はおかわりSIMもお勧めですが、実際に利用してみて、最大限まで利用してしまった場合には早めに高速定額プランに切り替えて利用したほうがお得です。
b-mobileの4Gwifi3とおかわりSIMをセットで利用するとLTE対応の高速通信もできるモバイルルーターをお得な料金で購入することもできます。
端末自体は23000円程度で、SIMとセットでお得にゲットできます。

11-2

通信速度が速いのが人気の理由

b-mobileのおかわりSIMは1GBから5GBまでのデータ通信は高速で利用でき、最大でも1500円しかかからないのが特徴です。
5GBを超えてしまった場合はアップロードもダウンロードも200kbpsに速度制限がかかるので、あまりインターネットを使わないという方やLINE程度にしかモバイルルーターを持ち運んで使わないという場合に最適です。
動画の視聴やアプリのダウンロードを行うと一気にデータ容量を消費してしまうので、気を付けて計画的に使っていれば制限がかかることもあまりないでしょう。
NetflixやHuluをモバイルルーターの回線で視聴する場合には、映画一本見るだけで通信制限にかかってしまう可能性もあるので、自宅に無制限で使えるWi-Fiを設置しておいて、モバイルルーターはお出かけの時だけ使うようにした方が良いでしょう。

11-3